テレワークを導入したい方に支援コンサルがあります。

query_builder 2022/06/24
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
本日は、自社にテレワークを普及させたい事業向けに、東京都産業労働局が実施するテレワーク導入ハンズオン支援コンサルティングを紹介します。

概要

概要

テレワーク導入ハンズオン支援コンサルティングとは、ICTの専門家等が企業の実情や課題に合わせて、課題整理や機器・ツール選定、テレワーク規定の整備等に助言を行い、テレワークの導入・定着を行うコンサルティングです。

費用は無料で、最大12回まで専門家のコンサルティングが受けられます。

対象企業

対象企業の条件は、都内の中堅・中小企業等で常用労働者2名以上999名以下である必要があります。

また、業種も建設業・運輸業・卸売・小売業等のテレワークの導入が難しい業種が対象になります。

コースは2種類

コースは2種類あります。「じっくり伴走コース」と「短期集中コース」です。

「じっくり伴走コース」では、12回の支援を受けます。現状把握から導入支援後も見据えた助言をしてもらえます。

一方の「短期集中コース」では全部で5回の支援で、現状把握からトライアル運用までを支援してもらえます。

助成金が受けられます

これらのコンサルティングを受けた企業等に対して、東京しごと財団が実施する助成金を受けられます。

常用雇用者が30人以上999人以下では、最大額250万円で助成率は1/2、常用雇用者2人以上29人以下では最大額150万円で助成率2/3となります。

規模は大きめの助成金になります。

最後に

最後に

今回の記事は以上となります。

最近は電車に人も戻っており、ビジネス街にも人が戻っているように思います。徐々にコロナ前の光景に戻っているような気がします。ただし、テレワークは緊急時のためにも導入しておいて損はないでしょう。

この補助制度を適切に利用するのが良いと思います。

最後に、東京都産業労働局のページを紹介します。

東京都産業労働局のページはこちら

NEW

  • インボイス開始後の交際費の判定について

    query_builder 2023/08/23
  • 国税庁がインボイスで注意すべき事例集を公表しました。

    query_builder 2023/08/10
  • インボイス制度下で銀行手数料を受取側が負担する場合の注意点

    query_builder 2023/08/03
  • インボイス制度が開始されたら発行事業者として登録するかどうか

    query_builder 2023/07/26
  • インボイス発行事業者から誤ったインボイスをもらったら

    query_builder 2023/07/18

CATEGORY

ARCHIVE