令和4年度の創業助成事業の募集が4月11日より開始されます④

query_builder 2022/03/29
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。

本日は、前回までの続きで、創業助成事業についての記事になります。
今回は、スケジュールに関する記事になります。

スケジュール

募集

募集開始は、タイトルにもあるように、2022年4月11日から開始になります。募集終了は2022年4月20日と短くなっていますので、忘れないようにしたいものです。

書類審査

書類審査は、具体的な日付は出ていませんが、2022年5月中に実施するようです。

そして、6月初旬に採択者が決定されるようです。

書類審査結果通知

書類審査結果通知は、2022年の6月中旬頃に実施されるようです。

ここで、申請者が合格したかどうかを確認することができます。

その後、面接に進んでいくようです。

面接

合格された人は、面接審査があります。

2022年7月4日から7月11日の1週間にて実施するようです。

総合審査

面接の結果を受けて、2022年8月中に総合審査が実施されます。

これを受けて、交付金額や採択通知が発送されます。

交付決定・採択通知

交付決定・採択通知は2022年9月1日から順次通知されていくようです。

助成期間

助成期間は、2022年9月1日からスタートします。

最短で終わるものは6ヶ月で完了するので、2023年2月28日で完了します。

一方、最長のケースは2年間になりますので、2024年8月31日になります。

ただし、最長のケースの2年間においても2023年3月に中間の実績報告を行い、中間検査が行われます。

その際、助成金の中間払いなされます。

基本的に、助成対象期間は2年ですが、2022年9月1日から2024年8月31日の期間内で事業完了日を自由に変更することができます。

実績報告から助成金支払

実績報告は、助成期間が終了したら、翌月以内に行います。

例えば、最短の6ヶ月のコースの場合、2023年3月1日から実績報告を作成し、実績報告を行います。その後、完了検査が行われて、助成金の支払いが行われます。

一方、最長コースの場合、中間報告があります。この場合は、2023年3月に実施報告を行い、中間検査が行われ、中間支払が行われます。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
スケジュールを確認すると、色々なタイミングで必要な手続等があります。
また、ここでは紹介しきれない細かな注意点もあります。
ぜひ、申請を行う際には、弊事務所にご連絡ください。

NEW

  • 事業復活支援の期限が延長になりました。

    query_builder 2022/05/24
  • PMIの取組はどのようにやっていけば良いのか

    query_builder 2022/05/13
  • IT導入補助金2022年の新規枠、デジタル化基盤導入枠について②

    query_builder 2022/05/06
  • IT導入補助金2022年の新規枠、デジタル化基盤導入枠について①

    query_builder 2022/05/03
  • PMIとは。ガイドラインが策定されて注目が増しています。

    query_builder 2022/05/10

CATEGORY

ARCHIVE