東京都のコロナ対策助成金の助成経費と助成率について

query_builder 2022/01/18
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
本日は、前回の記事で紹介した東京都中小企業振興公社(以下、公社と言います。)が実施しているコロナ対策の助成金に関して、詳細を記事にしたいと思います。

備品購入、内装・設備工事コース

助成対象経費

このコースでは、主に以下の経費に関して助成してくれます。

  • 備品購入費
  • 内装・設備工事費

備品購入費は、サーモカメラ等、1点あたり10万円以上のものが対象となります。
内装・設備工事費は、換気設備やパーテーションの設置工事になります。

助成限度額及び助成率

助成限度額は、最大200万円までになります。
しかし、少し細かな条件があります。
備品購入のみの場合は、50万円までになります。
内装・設備工事を含む場合も100万円までになります。
内装・設備工事のうち、換気設備の設置も含むと200万までとなります。
多くの方は、最大100万までになるのではないでしょうか。
なお、申請下限額は10万円です。

助成率は2/3になります。

消耗品費コース

助成対象経費

助成対象経費は、指定する消耗品の購入になります。
指定する消耗品は、市販品であり、以下が挙げられています。

消毒液、マスク、フェイスシールド、ゴーグル、使い捨て手袋、アクリル板等です。
非常に多くの経費が対象となっていますので、募集要領をご覧ください。

募集要領はこちら

助成限度額及び助成率

助成限度額は、10万円までになります。なお、こちらは助成限度額はありません。
助成率は、一般枠は2/3、コロナ対策リーダー、認証店であれば4/5になります。
認証を受けると少し優遇されますね。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
コロナ対策助成金は、2021年と比較すると規模は縮小されました。しかし、まだまだオミクロン株で予断は許されない状況です。
3月31日以降ももしかしたら、新たな助成金が出るかもしれませんね。
次回は、募集に関して記事にしたいと思います。

NEW

  • テレワーク助成金の一般コースについて

    query_builder 2022/09/27
  • 東京都でテレワークの促進を支援する助成金があります。

    query_builder 2022/09/23
  • 第6回の事業再構築補助金の採択結果が公表されました。

    query_builder 2022/09/20
  • インボイス制度の事前登録は早めにやりましょう。

    query_builder 2022/09/16
  • 東京で新規取引先開拓のためのビジネスマッチング会があります

    query_builder 2022/09/13

CATEGORY

ARCHIVE