生産性向上のためのデジタル技術活用推進助成事業について③

query_builder 2021/12/18
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
本日は、前回までの続きで東京都中小企業振興公社(以下、公社と言います。)が実施する「生産性向上のためのデジタル技術活用推進助成事業」(以下、デジタル推進事業と言います。)に関する助成金について記事にします。

前回までで、対象者や助成額、助成率等を紹介しました。

今回は、対象経費について記事にしたいと思います。

公社のデジタル推進事業のページはこちら

対象経費

機器・ロボット導入費

  • 事業におけるキーワードである「生産性向上」を図る取組に直接必要な機器・ロボット等のハードウェアの導入・改修・リースに要する費用
  • 機器・ロボット等の設置・設定に関する費用
  • 機器・ロボット等のハードウェアの運用・保守に関する費用

上記が該当します。
今回の助成金では一番肝となり、高額な部分になろうかと思います。
なお、パソコン等は対象にならず、あさらに中古品の購入もできません。
少し条件が厳しいので、実際の申請の際は、問い合わせをいただければと思います。

システム構築費

  • デジタル推進事業における「生産性向上」に図る取り組みに直接必要な新たなシステム構築・改修に要する経費
  • 助成対象期間に実施するシステムの運用・保守に要する経費

こちらもハードを導入しない場合では、重要となる経費になると思われます。
なお、自社で内製できないシステム等、こちらも要件があります。

ソフトウェア導入費

  • デジタル推進事業における「生産性向上」を図る取組に直接必要な新たなソフトウェアの購入・利用に要する経費
  • ソフトウェアのカスタマイズ、設定について、外部の事業者に依頼する場合に要する経費
  • 助成対象期間に実施するソフトウェアの運用・保守・サポートに要する経費

生産性向上のために導入するソフトウェアも上記のように対象になります。
ライセンス利用でも対象になりますが、助成期間中は最後まで使用しないといけません。

クラウド利用費

  • デジタル推進事業における「生産性向上」を図る取組に直接必要なクラウドサービスの利用に要する経費
  • クラウドサービスの初期設定について、外部の事業者等に依頼する場合に要する経費
  • 助成対象期間に実施するクラウドサービスの運用・サポートに要する経費

様々なクラウドサービスがありますが、それらの経費も助成対象期間においては、助成対象になります。
ただし、助成金の特徴として、支払いが完了している必要があるのが原則的ですので、月次利用料の考えは注意が必要です。

データ分析費

  • デジタル推進事業における「生産性向上」に図る取組に直接必要なデータの分析について、外部の事業者等に依頼する場合に要する経費

これはシンプルです。自社内のデータを分析し(稼働時間等が対象となると考えられます)生産性向上を図る場合の経費です。

経費は以上です。

助成対象となる経費は以上です。

他の助成金と比較するとシンプルな費用構成と言えるのではないでしょうか。
また、読んでいただいた通り、キーワードは、生産性向上ですので、それに該当するかどうかは審査で確認されると思います。
また、全ての経費で100万を超えるものは2社以上の見積もりを取る必要がありますので、注意してください。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
今回の助成金は、中々お金を出しづらい生産性向上という部分にフォーカスされています。
通常は、効果も見えづらいので、お金を使うのは躊躇われるかと思います。しかし、この助成金は、専門家の意見も取り入れることができるので、効果も期待できるのではないでしょうか。

ぜひ、助成金を活用して、強い企業になってもらえればと思います。

NEW

  • 事業復活支援金の情報が更新されました

    query_builder 2022/01/25
  • 東京都のコロナ対策助成金の申請や助成期間について

    query_builder 2022/01/21
  • 東京都のコロナ対策助成金の助成経費と助成率について

    query_builder 2022/01/18
  • 東京都の事業者でコロナ対策を実施している方は必見。助成金があります。

    query_builder 2022/01/14
  • 新年明けましておめでとうございます。東京都中小企業振興公社の助成金について

    query_builder 2022/01/11

CATEGORY

ARCHIVE