事業再構築補助金の第3回公募の結果が公表されました②

query_builder 2021/12/11
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
11月30日に事業再構築補助金の第3回公募の結果が公表されました。
本日の記事では、前回の続きになりますが、第3回の結果について解説していいこうと思います。
第3回結果概要のURLはこちら

結果の概要

産業別

産業別で見ると、製造業、宿泊業・飲食サービス業、卸売・小売業が多くなっており、これは第2回公募の際と大きく変わっていないことが見て取れます。

その他の業種も幅広く応募がなされています。

都道府県別の応募件数

都道府県別で確認すると、応募件数は、東京、大阪、愛知、兵庫の順に多く。東名阪を中心に応募がなされていることがわかります。これは、第2回の公募と変わっていません。
また、中小企業数に占める応募者の比率は、東京、関西周辺、香川、愛知が多く、これも第2回公募と大きく変わっていません。

一方、採択率を見ると、今回は富山県、鳥取県、岡山県で採択率が高くなりました。
第2回公募では、山梨県、富山県、高知県が高かったため、規則性はあまりないように思えます。

認定支援機関別の応募状況等

認定支援機関別に応募状況を確認すると、金融機関が約7,800社と最大です。第2回公募では、約7,600社でしたので、さらに増加した形になります。
続いて、税理士関係が約4,800社です。第2回公募では、約5,000社でしたので、微減です。。
また、商工会・商工会議所は約2,600社でしたが、第2回公募では約3,100社だったことを鑑みると、大きく減少しています。応募総数が20,800から20,307に減少していますが、商工会関係の減少が響いている可能性が高いです。
その他は、大きな増減はしていません。
また、採択率に関しても大きく伸ばしたり、減少したような機関はありませんでした。

第4回公募の予測

今回と大きく変わらない可能性が高い

第4回公募ですが、ここまでの流れを見ていると、大きく変わらない採択率等になると考えられます。
第4回公募では新たな枠は設けられていませんが、それぞれの枠の採択率も同じになると考えられます。
緊急事態宣言特別枠も継続されますので、高い採択率を誇ると思われます。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
事業再構築補助金も早いもので、今年度は後2回を残すのみになりました。
来年度はどうなるかわかりませんが、補正予算案を見ると、第5回はさらに新たな枠が設けられ、多額の補助金が出ることが想定されます。
ぜひ、この機会に検討をしてみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 海外展開を考えている企業向けの補助金があります①

    query_builder 2022/06/28
  • テレワークを導入したい方に支援コンサルがあります。

    query_builder 2022/06/24
  • 東京都で事業復活支援金を受給した事業者向け支援

    query_builder 2022/06/21
  • 事業再構築補助金の第5回公募結果が公表されました。

    query_builder 2022/06/17
  • 小規模事業者持続化補助金の特別枠について②

    query_builder 2022/06/14

CATEGORY

ARCHIVE