BCP実践促進助成金について⑤補助対象経費について

query_builder 2021/10/21
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
本日は、BCP実践促進助成金において、助成対象となる費用について記事にします。

助成対象費用とは

助成対象費用の概要

BCP実践促進助成金の対象経費は、大きく分けると3つ程度であり、多くはありません。
また、そのうち品目は20までという制限もあります。
具体的な費目は以下の通りです。

物品購入費

昨日、記事にした対象事業にかかる物品の購入に関するものです。
非常食やマスクあたりがわかりやすいと思います。

設備購入費

これも前回の記事にした事業に関する設備です。

設備ですので、バックアップ専用サーバーや自家発電装置等が該当します。
また、設備設置に関して、工事が必要になることがあります。
その場合は次の項目で説明する工事費に計上する必要があります。

工事費等

工事費には、大きく分けて2つの種類があります。

一つ目は、その名前の通り、工事費です。
設備を導入する際に直接的に必要な経費が対象です。例えば、設置工事にかかる材料・消耗品・労務費等です。
ただし、労務費は東京都が定める「公共工事設計労務単価」の範囲内で計上する必要があり、それを超えるとその分は対象外になります。
また、機器を導入する際の工事費は、機器本体代の25%までが上限となります。

二つ目は、クラウドサービス利用料です。
サブスクリプションサービスやクラウドサービスの初期費用、利用料を一括で支払った場合に対象となります。

また、これらのサービスは1年未満で中途解約できない、又は中途解約の場合、返金されないという規約がある必要があります。
助成金をもらってから、解約し、不正に金銭を得ることを防ぐためと考えられます。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
対象経費ですが、それぞれの事業に即していれば、そこまで大きな制限はないと分かってもらえるかと思います。
当事務所では、BCP実践促進助成金の申請を支援しております。

お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 事業復活支援金の情報が更新されました

    query_builder 2022/01/25
  • 東京都のコロナ対策助成金の申請や助成期間について

    query_builder 2022/01/21
  • 東京都のコロナ対策助成金の助成経費と助成率について

    query_builder 2022/01/18
  • 東京都の事業者でコロナ対策を実施している方は必見。助成金があります。

    query_builder 2022/01/14
  • 新年明けましておめでとうございます。東京都中小企業振興公社の助成金について

    query_builder 2022/01/11

CATEGORY

ARCHIVE