経営改善計画策定支援事業(通称405事業)について③。申請後の対応について

query_builder 2021/09/07
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
前回までの2回で経営改善計画策定支援事業(通称405事業、以下405事業と言います)がどういったもので、どういったことができるかを記事にしました。

本日は、申請後について記事にしたいと思います。

申請後について

支払決定

経営改善支援センターでは、経営改善計画及び支払申請書の内容を確認します。
その上で、経営改善支援センターでは、申請の結果及び支払決定額、支払予定日について、認定支援機関(複数名の認定支援機関が関与していれば、代表)経営改善計画策定支援に係る費用の2/3を上限として支出します。

モニタリング

認定支援機関は、経営改善計画の記載に基づき、中小企業・小規模事業者のモニタリングを実施して、経営改善支援センターに報告を行い、「モニタリング費用支払申請書」を提出します。


モニタリングとは

モニタリングは、策定した経営改善計画が計画通りに進捗し、経営改善が図られているかどうか、計画に定めた期限ごとに定期的に、事業者が金融機関等に報告する事前準備を言います。
このモニタリングは、計画策定後、3年間に渡り実施する必要があります。

モニタリングの回数は決まっていません。毎月でも問題ありません。ただし、決算月は重なるようにします。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
計画を経営改善支援センターに提出をして、計画を確定させた後は、大事なのはしっかりその計画が実行されるかにかかっています。
定期的なモニタリングを通じて、適切に実施する必要があります。
なお、私は、経営革新等認定支援機関として登録をしています。
405事業の採用をご検討の方は気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 財務省がインボイス制度の負担軽減措置案のよくある質問と回答を公表しました①

    query_builder 2023/01/31
  • 事業再構築補助金の第9回公募が開始されました。

    query_builder 2023/01/27
  • 銀行取引のインボイスについて

    query_builder 2023/01/24
  • タクシー業界のインボイス登録方針について

    query_builder 2023/01/20
  • 高速道路料金にかかるインボイスの対応方針について

    query_builder 2023/01/17

CATEGORY

ARCHIVE