事業再構築補助金の第3次募集の概要が公表①。スケジュールと主な変更点

query_builder 2021/08/10
ブログ

東京都立川市の公認会計士・税理士の金森俊亮です。会計事務所を経営しています。
本日は、7月30日に公表された事業再構築補助金の第3次募集の概要について記事にしたいと思います。

第1次から第2次の募集ではあまり大きな変更はありませんでしたが、第3次募集では少し大きめな改訂が入っています。

事業再構築補助金事務局ページはこちら

第3次募集の募集期間について

募集期間

募集期間は7月30日から9月21日となっています。
なお、実際に申請が開始されるのは、8月8日現在では、8月下旬となっています。

今回の特徴としては、第2次募集の時と比較して、長くなっていることです。
これは、改正点が多いことから長くなっていると考えられます。

第3次募集の改正点について

最低賃金枠の新設

第3次募集より最低賃金枠が創設されました。
業況が厳しく、従業員の10%以上に対して、2020年10月から2021年4月までで3ヶ月以上地域の最低賃金の+30円までしか支払えていない企業が対象となります。
この場合、補助率は3/4に引き上げられ、他の枠に比べて採択率を優遇するとしています。

補助上限金額は以下の通りです。

  • 従業員数5人以下 100万〜500万
  • 従業員数6人〜20人以下 100万〜1,000万
  • 従業員数21人以上 100万〜1,500万

補助金額は他の枠と比較すると少額ではありますが、魅力的な枠ではないでしょうか。

通常枠の補助上限の見直し

第3次募集では、補助の上限額が変更になっています。
具体的には、通常枠の補助額と補助率が以下の通りとなっています。

  • 従業員数20人以下 補助額100万〜4,000万
  • 従業員数21人〜50人以下 補助額100万〜6,000万
  • 従業員数51人以上 100万〜8,000万
  • 以前は、通常枠は6,000万までとなっていましたので、今回で上限額が2,000万増額された形になります。
    なお、従業員数20人以下の企業にとっては、上限額が2,000万下がってしまったというのは注意点です。

大規模賃金引上枠の創設

大規模賃金引上枠というものが新設されました。
これは、3回募集から開始されています。
補助金額が8,000万から1億円となっており、補助率も中小企業は2/3(ただし、6,000万超は1/2)

中堅企業は1/2(ただし、4,000万超は1/3)

となっています。
今回の募集も含めて残り3回の募集が予定されていますが、合計で150社が選定される予定です。

なお、大規模賃金引上枠で落選しても、通常枠での選考となるようです。

最後に

最後に

本日の記事は以上となります。
今回は、事業再構築補助金第3次公募のスケジュールと変更点のうち、特に重要なものについて記事にしました。
次回では、その他の変更点について記事にしたいと思います。
次回の記事もぜひご覧ください。

NEW

  • 令和5年の確定申告のご依頼について

    query_builder 2023/12/28
  • 令和5年の確定申告のご依頼について

    query_builder 2023/12/28
  • 令和6年税制改正大綱における交際費の改正

    query_builder 2023/12/26
  • 令和6年度の税制改正大綱が公表されました。個人所得課税①

    query_builder 2023/12/18
  • インボイス制度開始後に感じたことを記事にします。

    query_builder 2023/11/28

CATEGORY

ARCHIVE